ストーカ―に対してどのようにしたらいいのだろう。


ストーカーに対して、警察の対処が遅れる事はある。今後どのような対処が良いのか、事件の大小に関わらず、即時に動ける体制作りが必要になってきているのではないだろうか。
もはや民事不介入だとか言ってる場合ではなく、命の危険」から守る為に必要な体制は何なのか―その所をしっかりと作る必要があると私は思う。
女性の社会進出を根ざした社会づくりをするなら、ストーカー等の被害を未然に防ぐ防犯体制。それを強化していく必要があるのではないだろうか。これから、複雑に絡まった人間模様があるとは思う。しかし、「命の危険」をいかに察知し、そして対応していく事がこれからの警察官に必須になってくると私は思う。
ただの「男女交際」といった目で見ないで、一件の重要案件として扱うような体制が出来る事を願ってやまない。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ